失敗しないために!両家の顔合わせに結婚指輪は必要か!?

よく考えてしっかりと!「両家の顔合わせ」とは?

結婚式の前に、必ず行うのが「両家の顔合わせ」です。
もともと両家の顔合わせの目的は、ふたりの結婚を両家が認め、親睦を深めることにあります。昔は古くからの慣例で、結納品を交わす結納という儀式を行っていましたが、現代では結納ではなく、ホテルやレストラン等で会食を行う「顔合わせ」が主流になりつつあります。
さらにここで結納品の代わりとして記念品もしくは指輪を交換することがあります。さて、このときに交換するものが「結婚指輪」でなくても問題はないのでしょうか?
はい、問題はありません。何故なら、「結婚指輪」を用意して実際にお披露目するのは、結婚式の挙式中の指輪交換のときだからです。ですので両家顔合わせの際に「結婚指輪がない!」と慌てなくても心配はありません。

成長した息子と娘を見せるための「顔合わせ」

では指輪はなくても問題はないのか、と言えばカップルの事情による、というのが本当のところです。
というのも、カップルの中でも婚約指輪は買わないというタイプは増えています。そのような場合、両家顔合わせで渡すものは指輪ではなく、何かほかの記念品となります。
しかし、ここはやはり親心というものを考えてみましょう。娘を送り出す親なら、娘はきちんとした男性のもとに嫁ぐのだ、大事にされてほしいという思いがあるでしょう。そして息子を持つ親なら、息子は立派になった、こうして大人になったという誇らしい気持ちがあるでしょう。その気持ちを十分に感じてもらうには、やはりわかりやすい指輪というアイテムがあると安心です。
ですので、婚約指輪を購入する予定がないカップルの場合なら、ここで「結婚指輪」を披露しても良いでしょう。ここはお互いに納得できるよう、ふたりでよく相談してみてください。

銀座には多数の人気ジュエリーショップがあります。ぜひたった1つの自分達だけの結婚指輪を銀座で見つけてみてください