意外と知られていない指輪マナー!既婚者が結婚式にお呼ばれしたら!?

婚約指輪と結婚指輪を用意する

結婚式にお呼ばれをした時は、お祝いする気持ちと共にマナーを守ることを前提にヘアメイクやファッション、小物などを選びますよね。主役である花嫁より華やかにならないファッションや、昼に行われる結婚式であれば光らないアクセサリー、逆に夜に行われる結婚式にはきらびやかなアクセサリーを身に付けるなど、結婚式では様々なマナーが存在します。また、出席者が既婚者の場合は「婚約指輪と結婚指輪を重ねて付ける」というマナーもあります。しかし、ほとんどの人に知られていないマナーでもあり、そもそも婚約指輪を貰っていないという人も多く、マナーを知らずに指輪を購入したため重ねて付けるにはデザインやバランスが悪い、という人もいます。

大切なのは祝福する気持ち

それでは、婚約指輪が無い場合や結婚指輪とデザインが合わない場合はどうすれば良いのかと言うと、結婚指輪のデザインに合ったファッションリングを付ければ問題ありません。その場合やはり結婚式の雰囲気を考慮して、上品なデザインを選ぶとなお良いでしょう。重ねる順番は結婚指輪が先で婚約指輪が後とされていますが、これは結婚する当事者の間が行う一連の儀式がその流れになっているだけですので、既婚者はあまり気にする必要はありません。また、重ねて付けられるようにセットになった指輪も販売していますが、マナーを知らずに購入した人、あるいは婚約指輪を貰わなかった人にとっては後の祭りですよね。ですが、結婚式に出席するのに一番大切なことは主役二人を心から祝福する事です。過剰にマナーに縛られないで、節度ある装いで二人を祝福してあげてください。

結婚指輪を高崎で購入する予定がある方におすすめしたいのは、あらかじめ希望のブランドを決めておくことです。高崎にはさまざまな店舗が揃っていますので、好みのブランドが必ず見つかります。