結婚式?入籍日?結婚指輪はこの日からつける!!

そもそも「結婚指輪」ってなに?なんのためにつける?

結婚指輪は、「夫婦としてこれからの人生を共に歩む」という誓いを形に表したものです。 起源は古く、9世紀頃のローマ教皇が、約束事の誓いのしるしとして鉄の輪を結婚の誓いとして使い始めたのが最初と言われています。こうして始まったヨーロッパの伝統儀式の指輪交換ですが、日本の結婚式での指輪交換が定着し始めたのは50年ほど前からです。 そして、アイテムが指輪であることにも意味があります。丸い指輪が意味するのは「永遠に途切れることがない愛情」です。それを常に身に着けるということで、常に相手の存在を互いに強く感じることができるように、と祈りが込められています。左薬指に指輪をすることが一般的なのも、ハートにつながる左手に指輪をはめることで相手の心をつかみ、結婚の誓いを強くするという意味合いがあります。

結婚指輪、いつからつけるのが正しい?

実は、結婚式の最中であっても挙式の終わりまではまだ「婚約中」です。
正しい方法としては、まず結婚式当日には婚約指輪を右手の薬指にはめておき、左手薬指はあけておきます。そして結婚指輪の交換が行われた後に右手から婚約指輪を外し、左手の結婚指輪に重ねるのです。
よって正しいのは「挙式後の、指輪交換が終わったあと」からとなります。ですが、ここ最近の傾向ではカップルによってそのタイミングを決めているのがほとんどです。中には「入籍したら」「購入したらすぐ」というパターンもあります。
現代は「結婚式自体を挙げない」「入籍だけする」など、結婚にも様々なかたちがあります。これからの人生は二人で決めていくのですから、カップル同士でタイミングを相談するのが最良でしょう。

結婚指輪を大阪で扱っている店舗は、数多くの店舗を展開しているチェーン店だけでなく、地域密着型の店舗も比較的多く存在し、親身な対応が期待できるなどのメリットがあります。